社会福祉士合格者数 神奈川県私立大学 No.1の福祉の専科大学

〒215-8542 神奈川県川崎市麻生区東百合丘 3-4-1 TEL: 044-966-9211

学部学科構成

学部学科構成

学部構成

学部長からのメッセージ

人間福祉学部長 伊東 秀幸教授

人間福祉学部長からのメッセージ

時代と地域のニーズに応えたスペシャリストの養成をめざして
副学長兼人間福祉学部長  伊東 秀幸教授

 社会保障・人口問題研究所は、2035年には一人暮らしの高齢者が約762万人になると推計しています。これは、2010年の約498万人から1.5倍に増えたことになり、特に都市部では、東京都で1.6倍の増、神奈川県で1.8倍の増など高い割合で増えていくようです。また、すべての都道府県において2025年には全世帯の家族構成別の割合で、一人暮らしが最多となるようです。このことから、私たちは何を考えなければならないでしょうか。一人暮らしの高齢者の介護をどうするか、一人暮らしの人の心理状態を見据えた支援はいかにすべきか、孤立させないための地域の仕組みづくりをどうしたらよいかなど、課題はたくさんあります。
 このように常に問題意識をもって課題を発見し、その解決方法を考えて実践していく、これが福祉専門職に求められているといえます。 また、一人の人を介護する、相談にのる、支援するということも福祉ですが、一人の人から見えてきた他の人にも共通する問題を抽出して、その問題解決のために制度を変える、社会資源を創造するといった社会を変革することも福祉といえます。
 人は誰でも、人のために役に立ちたい、困った人を助けたいという気持ちを持っています。そんな人間として誰でも持つ自然な気持ちからスタートして、福祉分野で活躍できるスペシャリストとなるためのカリキュラムを人間福祉学部は用意しています。 高い専門知識と技術をもち、崇高な倫理観を備えた福祉専門職を地域社会に責任をもって輩出することを人間福祉学部の使命であると考えています。

子ども未来学部長 外川 重信教授

子ども未来学部長からのメッセージ

「子ども未来学部子ども未来学科」の出発
子ども未来学部長  外川 重信教授

保育を学ぶ道は自分の未来をつくる第一歩

子ども未来学部子ども未来学科が開設して以来10年、既に多くの保育者を輩出し、社会のニーズに貢献してきましたが、保育者にとって必要とされる能力とは何か、あらためて原点に戻って考えてみた時、それは、子どもや保護者への深い理解に基づいた実践力、地域や他領域の専門家や行政などとの連携の中で、変化する時代に対応し、保育者として成長し続けていく能力だと思われます。本学でその能力を磨くために大いに勉学に励んでください。
 また、勉学のみならず豊かな学生生活を送ることによって、社会人としての教養、常識、マナー等を身に付けた人間性豊かな保育者となれるでしょう。そういう意味で、コミュニケーション・人間関係を基本としたボランティア、クラブ活動等にも積極的な参加を望みます。
 私は、「スポーツコーチ学(野外運動学)」を専門分野としており、「コーチ」としてのパフォーマンスを上げるには、①ルールを守る範囲内で行うこと(しかし、ルールは変わる)、②科学的根拠に基づくこと(しかし、科学的根拠は変わる)、③常に問題意識と探求心を持つこと(変化するものへの対策を考える)、④自己のオリジナルな方法を積み重ねること、の4つが重要であると思っています。「保育者」としても同様のことが言えるでしょう。保育者にとっては、子どものありのままを尊重し、人間形成の基盤を育んでいく普遍的な取り組みと、常に変化する社会情勢に対応した柔軟な取り組みの両方が重要です。これらが融合して初めて真の保育が生まれます。
 以上のように、子ども未来学部子ども未来学科で学ぶ4年間は、建学の精神「捨我精進」のもと、現代の社会が必要としている保育者となるための成長の始まりであり、学生自身の未来へと続く出発点でもあります。つまり、本学で学ぶことは、子どもの未来をつくる保育の学びへの第一歩であると同時に、自分の未来をつくる第一歩でもあるのです。あなたの未来へと続く道を本学で一歩ずつつくりあげていってください。

学科長からのメッセージ

社会福祉学科学科長  村井祐一

社会福祉学科学科長の挨拶

社会福祉学科学科長  村井祐一

社会福祉は私たちが暮らす社会を知ること

 大学での学びは、高校までの教育とは異なり、作られた問題をルールやパターンに従って正確に回答するのではなく、これまでに学んだ知識や経験を最大限に活用して、現実に発生している課題や問題を発見するところから始まります。解決方法も1つではなく、さまざまな解決策があるため、答えや公式を暗記するのではなく、課題を解決するための思考方法を学ぶのです。社会福祉学は、複雑で困難な社会の課題を真正面から取り扱う学問であり、まさに大学で学ぶべき学問といえます。
 社会福祉との出会いは、皆さんが生活している社会や地域の重要性を深く知る機会となるでしょう。私自身も社会福祉に出会うまでは、自宅での「普通の生活」がずっと続くのが自然で当たり前だと考えていました。ところが、この普通の生活が「普通」ではなくなった時にこそ、社会福祉の必要性がはっきり見えてくるのです。 具体的には、家族や自分自身が重い病気や障害、認知症になったとき、家庭の経済状態が悪くなりそれまでの暮らしが維持できなくなったとき、災害が発生して自宅での生活が継続できなくなった場合などです。このような時にこそ、課題を解決するための支援が必要となります。このような方々に対して、プロフェッショナルとして相談に乗り、ありとあらゆる手段(社会福祉制度や地域のボランティア力など)を用いて課題解決に取り組むのが社会福祉士(ソーシャルワーカー)です。また、精神的な課題であれば精神保健福祉士が、安心した日常生活への復帰、社会参加に向けた支援活動を行います。社会福祉学科は、「人を理解する」、「人間関係を学ぶ」、「社会を考える」という3つの枠組みで、社会福祉士に必要な課題解決力を育成しています。田園調布学園大学人間福祉学部社会福祉学科の教員・学生一同は、誰もが安心して暮らせる社会をめざす仲間として、みなさんを心からお待ちしています!

心理福祉学科学科長  鈴木文治

心理福祉学科学科長の挨拶

心理福祉学科学科長  鈴木文治

 大学時代の四年間は、人生の基礎をつくる時期になります。単に、卒業後の進路先を決定するだけでなく、学問と向き合い、友人との交流を通して、自分とは何か、社会とはどうあったら良いのかを貪欲に求め続ける時代です。様々な専門領域の先生たちの講義や、幅広い読書、また友人との議論によって、人生や社会に対する「自分の考え方」が形づくられていきます。それが人生の基礎づくりの意味です。
心理福祉学科には、心理学、福祉学、教育学の三つの専門領域があります。自分の興味関心や得意・不得意などの自己評価をしっかりと行い、将来の進路先を見すえた専門領域を選ぶことが大切です。
 心理福祉学科では、入学後からキャリアプランに基づいた自己分析を行い、社会人や職業人になるためのに資質を磨き、進路決定までをアドバイザーと一緒に考えていきます。心理学を学ぶことは、支援する人たちのニーズ(必要なこと)を客観的に理解することに繋がります。教育の分野でも、一人ひとりの子どもたちの教育的ニーズを把握する上でなくてはならないものになります。
 現在の福祉や教育では、このように個々のニーズを踏まえた介助や指導が求められています。少し専門的にいえば、アセスメント(実態把握)能力の向上が、専門家に望まれています。この能力を心理福祉学科では培います。
心理福祉学科の進路先は、福祉、教育、一般企業(公務員も含む)に分かれます。福祉分野では、社会福祉士の資格を取り、福祉施設や公務員になります。教育では、主に特別支援学校の教員養成を行い、過去の卒業生の16名が養護学校等で教壇に立って、子どもたちを指導しています。一般企業では、4年生になって就活に励み、希望の職種に就職する人たちも多くなっています。
 大学4年間で人生の基礎をつくり、希望する専門領域で活躍する人材づくりを応援します。

子ども未来学科学科長  高嶋景子

子ども未来学科学科長の挨拶

子ども未来学科学科長  高嶋景子

 子どもや保育について興味を持ち、将来、子どもや保育にかかわる専門職を志そうとされているみなさんが、今の志望を持たれたのは、いつ、どのようなことがきっかけだったでしょうか?
 そのきっかけは様々だと思いますが、なかには、「昔から子どもが好きだったから」「子どもとかかわった時、楽しかったから」という人も多いのではないでしょうか? そのような保育を志す動機に対して、時として、「いやいや、子どもはかわいいだけではないよ」「保育は子どもが好きなだけでは務まらない、もっと専門性の高い仕事だよ」という声も聴こえてくることがあります。しかし、一人一人の子どもを「かわいい」「愛おしい」存在として捉え、思いを寄せ続けられることは、実は、決して簡単なことではありません。子どもたちは、必ずしもいつも私たちの期待するような反応ばかりを返してくれるわけではありませんし、時には、理解できない理由で泣き続けたり、反抗的な行動を取られたりして、どうかかわればいいか戸惑い、悩むこともあるでしょう。でも、そのような子どもの行動の背後には、必ず、一人一人の子どもの「思い」や、そうした行動を生んでいる周囲との「関係」が存在しています。そうした子どもの内面や子どもを取り巻く人やモノとの関係の構造が理解できるようになると、その一つ一つの行動が、子どものかけがえのない「表現」であり、その子自身が、自らの世界を一生懸命に広げていこうとしている「プロセス」の一つであることが見えてきて、そのことの大切さや愛おしさが感じられるようになります。つまり、子どもが愛おしく思えるためには、その子どもの側から世界をみることができ、その子どもの思いに共感できるまなざしが必要なのです。
さらに、子どもたちが、そこで味わっていること、経験していることを捉えられたら、その経験をどのように支え、さらに広げ、深めていくために必要な活動や環境をどのようにデザインしていくのか、それを同僚や保護者、地域社会とともに協働しながらどのように実践していくのかを探っていく力も保育者には求められます。
保育には、よく言われる通り、決してマニュアルや正解のようなものは存在しません。そのため、保育を志すみなさんには、すぐに「正解」を求めるのではなく、日々の実践の中で、一人一人の子どもの姿を通して、「なぜ、この子はこういうことをするのだろうか?」「なぜ、こういうことが起きるのか?」「子どもたちの活動が豊かに展開するためにはどのような環境が必要なのか?」等々、自分なりの「問い」を見つけ、その背後にある「意味」や「仕組み」を探究し続ける姿勢、また、自分自身の実践を常に振り返り(省察し)、子どもの側からそれを「問い直す」姿勢を大切にしていって欲しいと願っています。
 田園調布学園大学子ども未来学部子ども未来学科では、このように一人一人の子どものかけがえのない「今」を共感的に理解し、支えていくことを通して、子どもたちの豊かな育ちと未来を創り出すための保育の在り方を探究する仲間として、みなさんを心からお待ちしています。