社会福祉士合格者数 神奈川県私立大学 No.1の福祉の専科大学

〒215-8542 神奈川県川崎市麻生区東百合丘 3-4-1 TEL: 044-966-9211

子ども未来学部子ども未来学科

子ども未来学科
3つの特色

1

きめ細やかな学習支援体制のもと学生全員が保育士資格と幼稚園教諭一種免許取得を目指します。

教員と学生とが緊密な信頼関係を築きながら、幅広い人間性や他者とのコミュニケーション力を磨くために、入学後1・2年次は小規模編成のアドバイザー制度を導入、3年次以降は小規模ゼミナールを開講し、担当教員がアドバイザーとなります。また、同じ資格を目指す「なかまとの学び」を重視して、必修科目や授業に、グループ演習やグループ研究をはじめ、体験型授業を多く取り入れていきます。
子ども未来学科 特色1
2

保育の「実践」と「理念」をつなぐ学びの場として、多様で継続的な保育実践が経験できます。

資格・免許取得のための実習以外に本学みらいこども園や地域の子育て支援事業への参加など、4年間継続した子どもとの出会いの場を準備しています。大学での学びを実際に子どもと関わる自分自身の経験へとつなげ、仲間とともにその経験を振り返り、子どもの育ちや保育者として必要な専門性について考え、次の実践へと高めていきます。
子ども未来学科 特色2
3

心理学・語学・スポーツなど自分の得意分野を生かした多彩な資格を取得でき、将来の可能性が広がります。

卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭一種免許はもちろん、そのほか多彩な資格が取得可能です。最近は、保育ニーズが多様化しているので、こうした資格を活かして、保育所や幼稚園だけでなく、児童福祉施設や子育て支援施設など、卒業後に活躍する場も広がっています。
子ども未来学科 特色3

インタビューアイコン
子ども未来学科の教員・
学生インタビュー

高嶋 景子
教員
子ども未来学科
高嶋 景子
互いの学び合いを深めていきましょう
学生時代、幼稚園での実習や、学内のプレイルームでの臨床実習、養護学校の乳幼児グループでの実習など、さまざまな場で子どもたちとの出会いを経験しました。また、幼稚園教諭として、毎日を子どもとともに生きる幸せを味わうことができました。子どもについて、保育について学ぶには、まずは、「子どもと出会う」ことが大切です。子どもとの出会いを通じて、大人もまた自分自身を見つめ、悩んだり、落ち込んだりしながら、互いに自己の世界を広げていくことが「ともに生きる」喜びにつながっていきます。生命性に満ちた子ども世界で、子どもとのさまざまな出会いを通じて実践的に「保育」について探究し、互いの学び合いを深めていきましょう。
MOREMORE
ふきだし
青木沙彩
在校生
子ども未来学科
青木沙彩
さまざまな授業や実習を経験して、幅広い児童教育に興味を持つように
大学での学びは高校までとは異なります。答えを出すのが高校の授業とするなら、大学では考えていく過程も重要であり、学生同士で話し合いながら自分たちで授業を作っていくような印象があります。また『造形表現』という授業では、子どもたちが楽しめるような美術に学生自身が触れてみるといった体験を行います。たとえば絵の具を指で押しつぶす感触を確かめてみるといった体験が非常に印象的でした。もともとは保育士と幼稚園教諭の資格が取得可能であることでこの大学を志望しましたが、実際に学び始めると、児童教育に関するさまざまな授業や実習を体験できる良さを感じています。以前にも『児童家庭福祉論』で情緒障害の子どもたちの施設に伺う機会があり、知らなかった世界でもあり、その支援に非常に興味を持ちました。もしその分野に進まなかったとしても、そこで得た知識はきっと役に立つと思います。
MOREMORE
ふきだし

ディプロマポリシー
(教育目標及び学位授与方針)

「子どもの最善の利益を守る」ために、
子どもと社会の未来について、深く思考しな がら行動できる、専門性の高い保育者の養成をめざします。

子どもの育ちを社会全体で支援していく必要性や動きが高まっている現在、社会の未 来としてかけがえのない子どもたちが、現在をよりよく生き、未来を幸せに生きていく 力を育むために、「保育」という営みの有する意義がますます重要となってきています。 子ども未来学部子ども未来学科では、保育士資格と幼稚園教諭一種免許を取得し、養 護と教育を総合して考えることのできる保育者を養成します。 そのために、変化する時代に対応し、子どもと家庭だけでなく、地域社会や他領域の 専門家・行政と連携・協力していく対人関係能力、保育者の資質として必要な広い教養 と人間への深い探究心、さらに、実践を通して他者と学びを共有しながら保育者として 成長し続けていくための基礎力を培います。 そして、4年間の学びにおいて、このような保育者としての専門性を身につけ、必要 な単位を修得したと認められる学生に対し学位(学士「保育学」)を授与します。