PAGE TOP

在学生の声

在校生 MESSAGE

上田 敦史 さん 出身大学:東京農業大学
人間学研究科 子ども人間学専攻 修士課程2年

上田 敦史

 

異業種からの転身で刺激的な日々
保育の奥深さに向学心を掻き立てられます


祖父が創設した幼稚園を母が園長として引き継いでおり、いずれは家業に関わりたいと考えていましたが、まずは多角的な視野を身につけるため、全く別分野の農業大学の造園科学科を卒業し、最近までは地方局でアナウンサーをしていました。コロナ禍でエッセンシャルワーカーに注目が集まる中、保育業界も同様に社会の重要なインフラであると強く感じ、このタイミングで本格的に保育について学ぼうと進学を決めました。
現在はフリーアナウンサーとして活動しながら、独学で保育士の資格取得のために勉強しています。並行して大学院に通おうと思ったのは、保育にまつわる最新の情報や現場の生の声を知っておきたかったからです。少人数制で対話に重点をおいている点に惹かれ、数ある大学院の中からここを選びました。アナウンサーとして経験した「読み聞かせ」をテーマに研究したいと考えていますが、入学してみると想像以上のフィールドが広がっていて、他にも学びたいことがたくさん出てきました。特に「園庭」についての授業は、大学時代に学 んだこととリンクしていて、とても興味深いです。異業種から来た私を気にかけてくださる先生からは、「まずは言葉のシャワーを浴びて専門知識をたくさん蓄えなさい」と励ましていただきました。今はとにかく全てを吸収しようと毎日必死ですが、とても充実しています。共に学ぶ同期の存在も刺激になっています。現役の園長先生や、保育園の先生、看護師さんなど、様々な分野の方がいて、講義の時間以外にもそれぞれの現場の話を聞けるので、日々発見があります。
「子どもを一人の人間として見る」という考えを聞いてからは、子どもたちとの接し方も大きく変わりました。あらためて保育の世界の奥深さを実感し、母との会話も増えました。私から業界の最新の動向を報告したり、運営する幼稚園の伝統を母から教えられたりしながら、自分たちがこの先どういった保育をしていくのかを、建設的に話し合えるようになりました。今後に活かせるよう、引き続き学びを深めていきたいですね。

青木 春香 さん 出身大学:田園調布学園大学
人間学研究科 心理学専攻 修士課程2年

青木 春香

「学び」から「探求」へ幅広く学んで将来につなげたい

小・中・高と身近に不登校の友人が何名かいました。何とか力になれないかと、手紙を書いて渡したり、様々なアプローチで接してみましたが、どうしても学校に来れない子もいて、私自身、力不足や心残りを感じることがありました。この経験から不登校で悩む子どもたちを支えたいと思い、公認心理師を目指すようになりました。大学で心理福祉学を学ぶ中で、子どもの不登校という事実だけを問題視するのではなく、家庭や学校の環境、さらには親の職場の環境まで、様々なことに目を向けなければいけないと気づきました。ボランティア先で多くの母親と接する機会があったことをきっかけに、卒業研究では障害のあるお子さんを持つ母親に焦点を当て、現在、「母親への心理支援」についてさらに研究を重ねたいと考えています。
大学では「学ぶ」に留まっていましたが、大学院では先生やゼミ生との対話を交えながら「探求」していけるところが楽しいです。少人数のため、授業では一人一人の研究分野を考慮した話題や事例を取り上げてくださり、とても濃く、充実した時間を過ごせていますね。一方、公認心理師になれば幅広い知識や対応が求められるので、自分の興味の薄い分野であっても気は抜けません。その点においても、こちらの理解の足りない部分を察知して具体例などでわかりやすく伝えてくださるので心強いです。質問しやすい環境というのも安心ですね。同期や先輩方の経歴は多様で、自分の経験だけでは辿り着けない考え方を知ることができるなど、日々刺激を受けています。様々な角度から学びを深められるのは大きな魅力だと思いますね。はじめは社会人経験のない私がついていけるかどうか不安もありましたが、同じように大学から進まれた先輩から「自分にできることを一生懸命やればいいんだよ」とアドバイスをいただき、これまで携わったボランティアや大学での経験を生かして自分なりに精一杯頑張ろうと、気持ちを前向きに切り替えることができました。
将来は、母親への支援を重点的にしたいと考えていますが、最近は「母親の職場の環境」という分野にも興味があります。1つのことにこだわり過ぎずに、できる限り幅広く学んでいきたいと思います。