PAGE TOP

INFORMATION 詳細

2020.08.05

対面授業の開始にあたって(学生向けガイドライン)

学生 各位
田園調布学園大学
新型コロナウイルス感染症対策本部


 8月1日(土)まではオンライン授業のみとし、学生の皆さんの登校を禁止としていますが、8月3日(月)からは対面での集中授業を、9月からは学外の実習を、9月25日(金)からは対面での後期通常授業を開始することとしています。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症はいまだ収束せず、すべての人々にとって大きな脅威となっています。教育研究活動の再開と新型コロナウイルス感染拡大の防止を両立させるためには、新しい生活様式を実践し、感染予防のための行動を徹底する必要があります。
 つきましては、授業開始にあたってのガイドラインを示しますので、本内容を十分理解し、適切な行動をとるようにお願いいたします。
 なお、このガイドラインは新たな知見や情報が得られた際には、随時見直しの上、皆さんにお知らせいたしますので、常に最新のガイドラインを参照くださいますようお願いいたします。
 また、対面授業の実施にあたっては、状況により日程や内容等を変更する場合があります。その際は、「でんでんばん」を通じて改めてご連絡いたします。

「新しい生活様式」の実践例(抜粋)(厚生労働省HPより 令和2年6月19日)

(1)一人ひとりの基本的感染対策
感染防止の3つの基本:①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い
 □人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
 □会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。
 □外出時や屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを着用する。ただし、夏場は、熱中症に十分注意する。
 □家に帰ったらまず手や顔を洗う。人混みの多い場所に行った後は、できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。
 □手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。
※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。
移動に関する感染対策
 □感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
 □発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。接触確認アプリの活用も。
 □地域の感染状況に注意する。

(2)日常生活を営む上での基本的生活様式
 □まめに手洗い・手指消毒
 □咳エチケットの徹底
 □こまめに換気(エアコン併用で室温を28°C以下に)
 □身体的距離の確保
 □「3密」の回避(密集、密接、密閉)
 □一人ひとりの健康状態に応じた運動や食事、禁煙等、適切な生活習慣の理解・実行
 □毎朝の体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養

(3)日常生活の各場面別の生活様式
買い物
 □通販も利用
 □1人または少人数ですいた時間に
 □電子決済の利用
 □計画をたてて素早く済ます
 □サンプルなど展示品への接触は控えめに
 □レジに並ぶときは、前後にスペース
娯楽、スポーツ等

 □公園はすいた時間、場所を選ぶ
 □筋トレやヨガは、十分に人との間隔をもしくは自宅で動画を活用
 □ジョギングは少人数で
 □すれ違うときは距離をとるマナー
 □予約制を利用してゆったりと
 □狭い部屋での長居は無用
 □歌や応援は、十分な距離かオンライン
公共交通機関の利用
 □会話は控えめに
 □混んでいる時間帯は避けて
 □徒歩や自転車利用も併用する
食事
 □持ち帰りや出前、デリバリーも
 □屋外空間で気持ちよく
 □大皿は避けて、料理は個々に
 □対面ではなく横並びで座ろう
 □料理に集中、おしゃべりは控えめに
 □お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて
イベント等への参加
 □接触確認アプリの活用を
 □発熱や風邪の症状がある場合は参加しない
※別紙「新型コロナウイルス感染拡大防止マニュアル」を熟読してください。

(1)登校時
 ①体調管理
 毎日必ず検温と体調確認を励行し、「健康管理シート」に記載してください。登校時には必ず、携行し、学内で求められたら提示してください。
発熱、風邪症状、倦怠感、味覚異常などがあれば、絶対に登校しないでください。  
また、免疫力を高めるため、「十分な睡眠」「適度な運動」「バランスのとれた食事」を心がけてください。
 ②マスクの着用
 大学に入構する際には、マスクを必ず着用してください。着用のない場合は入構を認めません。
ただし、夏期の高温や多湿といった環境下では、熱中症予防のため、屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合は、マスクをはずすようにしてください。また、こまめな水分補給をこころがけてください。
なお、マスクを忘れた学生には、事務室(2号館1階)にて販売していますので、ご利用ください。
 ③通学の公共交通機関について
 時差通勤も検討いただき、混み合う公共交通機関はできる限り避けてください。窓は開けて換気も励行してください。また、車内での会話も控えてください。新百合ヶ丘駅からは徒歩(会話は控えてください)や、柿生駅や生田駅からの路線バスも利用してください。あざみ野駅方面からは、たまプラーザ駅(美しが丘西行きも含む)や溝の口駅からの路線バスも利用してください。
 ④入構の際
 校舎入口などに手指消毒液を設置していますので、ご利用ください。また、手洗いも励行してください。各教室にも手指消毒液を設置しています。なお、ハンドジェルなどを携行し、学外においても手指消毒をこころがけてください。

(2)学内にて
 ①校舎内
 密にならないように注意し、人との間隔を空ける、会話をする際は真正面を避けるなど感染防止に努めてください。換気も励行してください。
 ②エレベーター
 密な空間であるエレベーターの使用は極力避けてください。エレベーターを必要とする人が優先的に利用できるようにしてください。利用定員も遵守してください。
 ③手洗いと手指消毒について
 校舎入口、各階、各教室などに消毒液を設置しています。適宜ご利用ください。また、授業前後にも手洗いを実施してください。
 ④授業の受講時(一般教室)
 授業前後の手洗いを励行してください。教室では、座席を一つ空けて着席してください。×印がついている座席は利用しないでください。科目担当者の指示に従って適宜換気してください。
 ⑤授業の受講時(体育館、実習室、演習室など)
 授業前後の手洗いを励行してください。授業の方法、教室や器具の使用方法については、科目担当者の指示に従ってください。
 ⑥保健室
 保健室内の環境維持のため、入室前に看護師により検温等の体調確認を実施します。
 ⑦図書館
 平日のみとし、開館時間は17時までに短縮します。貸出・返却中心のサービスのみとし、閲覧席の利用はできません。入館人数の上限を設けます。
 ⑧学生食堂
 原則として、弁当を中心に販売いたします。容器、箸、スプーンなどは使い捨てのものを用意します。食事は短時間ですませ、会話も慎んでください。対面とならないように片側のみの着席とします。学生食堂内には、感染防止の観点から学生食堂以外で購入したもの以外の持ち込みは禁止とします。
 ⑨5号館カフェテリア、なでしこホール
 食事スペースとしてご利用ください。ご利用の際には机椅子などを移動しないでください。
食事は、短時間ですませ、会話も慎んでください。
 ⑩学外実習について
 学外での各種実習については、各実習担当者の指示に従ってください。

(3)課外活動について
 ①部活動について
 当面の間、自粛とします。安全が確認されたら再開する予定です。なお、公式試合等への参加については、別途大学へご相談ください。
 ②ボランティアについて
 当面の間、自粛とします。安全が確認されたら再開する予定です。
 ③下校時間について
 課外活動は、当面の間自粛といたしますので、授業が終了次第、速やかに下校してください。
6限の受講者以外は、18時15分には下校するようにしてください。
 ④各種イベントについて
 学園祭、ミニたまゆりなどのイベントは中止といたします。その他、人が集まるイベントについても原則禁止といたします。
 ⑤その他
 学内において、人を集める行為はすべて禁止とします。学生同士の会食も控えてください。

(4)海外渡航について
 海外渡航については、原則禁止とします。やむを得ない事情で海外渡航が必要な場合は、アドバイザーに相談してください。最近1か月以内に国外から戻られた方も、アドバイザーに申告してください。

INFORMATION一覧を見る