PAGE TOP

子ども未来学科

STUDENT’S VOICE

村上 歩さん(神奈川県立城山高等学校出身)
子ども未来学部 子ども未来学科 2年

村上 歩

一つの目標を達成したら、そこからまた新しいことに挑戦していきたい。
中学生のときに子どもとふれあう実習があり、こんな仕事に就きたいなと考えたのが最初でした。母からも「人と関わる仕事が向いている」とアドバイスされ、高校は幼児教育コースのある学校を卒業しました。DCUはいくつか見てきた大学の中でも実習回数の多さや施設環境のよさがあったこと、オープンキャンパスで案内してくださった先輩のコミュニケーション力にも感動したので入学しました。今は児童虐待の支援センターなどで困っている子どもたちの力になりたいと思うようにもなりました。

内田 理織香さん(神奈川県立足柄高等学校出身)
子ども未来学部 子ども未来学科 3年

内田 理織香

保育士への夢を抱きながら、今は障害児に関わる仕事にも関心が。
母園の幼稚園の先生に憧れを抱き、小学生の頃から保育士になりたいと思っていました。大学からピアノを始める私にとってDCUは楽譜の読み方から学べ、ピアノの個人レッスンがあることも大きな魅力でした。大学の雰囲気がよく、実習が多いこと、3年から選べるコース制があることもDCUを選んだ理由です。大学では明確な答えがない問題も多く、周囲の仲間と意見交換することでさまざまな見方を学べました。今では障害児に関わる職業に就きたいと思うようになりました。