PAGE TOP

心理学科

人々の心の健康増進に貢献する
専門職を養成します。

人間科学部では人間の「共生」をテーマとし、心理学科ではさまざまな人々の共生実現を心理支援の立場から貢献する人材育成を行います。心理専門職初の国家資格「公認心理師」の受験資格取得に向けたカリキュラムを備え、心理支援や心理テスト、さらには心理学研究に関する演習、実験、実習を充実させ実践力ある心理支援専門職を養成します。

学びのポイント

01.人間の「共生」を心理学的に探求し、
課題発見と支援、解決の方法を学びます。

学びのポイント

子どもや高齢者、障がい者やメンタルヘルス不調者が生活の中で直面する心理的課題を理解し、その解決を支援することに役立つ知識と技法を修得します。また、メンタルヘルス維持・向上に役立つ知識と技法について、生涯学習の考え方も活用しながら学んでいきます。

02.公認心理師や認定心理士に関する科目を学び
心理支援のエキスパートを目指します。

学びのポイント

公認心理師に加え認定心理士、認定心理士[心理調査]に関する科目など充実したカリキュラム構成。基礎心理学を踏まえ科学的態度に立脚した心理支援の実践者を目指します。

03.充実した演習、実験・実習により心理支援の実践力を身につけます。

学びのポイント

公認心理師受験資格に関する科目に加え、心理検査や心理支援に関する演習、心理データ分析に関する演習、心理学の応用的な実験などの科目も用意。実践的な心理支援の諸技法と心理学的分析力を身につけることができます。

心理学の専門的な学びを深め、
さまざまな分野での活躍が期待されます。
心理職初の国家資格「公認心理師」資格取得への道も。

心理学科

4年間の学び

生涯学習社会において、
人間の「共生」と「こころ」の関わりについて学び、
心理支援の知識の修得とその展開を目指します。

心理学科では「人間の多様性、多元性尊重に基づく共生の理解」、「人間の共生における心理学的課題の探求」、「心理支援専門職に必要な知識、技法、倫理観の習得」、「共生を志向した心理支援への生涯学習の活用」を段階的かつ有機的な関連性をもって学修可能なカリキュラムを構成しました。人間の共生を心理支援の立場から考え、生涯学習という学びの力も活用しながら人々の心の健康増進に貢献出来る人材を養成します。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

特色ある授業

人間共生マインド実践講座

特色ある授業

人間の「共生」についてさまざまな手法で学び、基礎演習との連動により心理学的視点からの理解にもつなげます。

人間共生マインド実践講座は1年次通年の必修科目です。人間科学部のテーマである多様で多元な人々の「共生」について、ゲストスピーカーや現場見学なども活用して視野を広げ、グループワークやグループディスカッションを交えて学びを深めていきます。後期に入ると、同じく1年次通年の必修科目である基礎演習と連動させ、学生各自のボランティア体験を題材として、人間の「共生」を心理学の基礎的知識や理論を用いて考察し、発表につなげる課題を行います。大学で新たに学んだ知識や理論を使って自らの具体的体験にアプローチすることは、新鮮かつユニークな印象を学生にもたらすこととなるでしょう。

特色ある授業

実験や演習

多様な人々の悩みやこころの問題を
科学的に理解するための講義や演習を行っています。

実験や演習

目に見えず、触れることができないこころの仕組みを観察や面接、心理検査などを使って理解しようとする試みが心理学の大きな目的の一つです。さまざまな視点からデータを集め、統計学の力を借りながら、どのようにしたら客観的に人のこころを理解できるのかを考える力の獲得を目指します。

実験室という特別な場所で、
視覚・記憶・感情など、さまざまな心理現象を
とらえる実験を行っています。

実験や演習

「実験」と聞くと心理学とは関係ないことだと思われるかもしれませんが、人間のこころを知るうえで実験によってデータを得るのは非常に大切なことです。例えばこの写真は、錯視(いわゆる目の錯覚)現象をとらえる実験を行っているところです。科学的にデータを分析することを通じて、こころというものに対する理解を深めます。

資格取得について

本学部で取得を目指せる資格

公認心理師

2015年に心理専門職初の国家資格を規定した「公認心理師法」が施行されました。公認心理師は「健康・医療」、「福祉」、「教育」、「産業・労働」、「司法・犯罪(矯正)」の5領域を主要な心理支援実践の場とした国家資格です。大学学部教育において心理学の広い領域を学ぶこととともに演習や実習を行い、さらに大学院において専門的な教育を受けることが求められます。
人間科学部心理学科では、心理的困難や課題を抱えた人々が周囲の人々とともに安全で安心な生活を送ることを尊重し、その実現に向けてさまざまな心理学的発想を活用できる公認心理師の養成を目指します。

社会教育士

「社会教育士」は、NPOや企業等の多様な主体と連携・協働し、社会教育施設における活動や、環境や福祉、まちづくり等の社会の多様な分野における学習活動の支援を行います。
ひとづくりや地域づくりに携わる「学びのコーディネーター」としての役割が期待されています。
人間科学部心理学科では、心理学や心理支援に関する知識を持った社会教育士として地域で生じるさまざまな心理的課題に対する人々の学びを促し、精神的健康維持および増進に貢献しうる人材の養成を目指します。

将来のステージについて

心理学の知識を活かし企業や公務員として活躍
  • ●大学院
  • ●製造・流通・サービス分野(人の消費や行動を分析し、企業活動に活用)
  • ●金融分野(行動科学的アプローチ)
  • ●NPO・NGO分野(心理学の知識を生かし地域や海外での支援活動)
  • ●公務員(生涯学習の知識を生かす社会教育士など)
  • ほか
大学院に進学して資格を取得し、対人支援や心理学の専門家として活躍
  • ●医療・教育・福祉分野(心理学の知識を生かした業務)
  • ●公務員(心理職・心理相談員・心理判定員など)
  • ●公認心理師
  • ●心理学の研究者
  • ほか

PROFESSOR’S VOICE

心理学科からのお知らせ