PAGE TOP

心理学科

人々の心の健康増進に貢献する
専門職を養成します。

人間科学部では人間の「共生」をテーマとし、心理学科ではさまざまな人々の共生実現に心理支援の立場から貢献する人材育成を行います。心理専門職初の国家資格「公認心理師」の受験資格取得に向けたカリキュラムを備え、心理支援や心理テスト、さらには心理学研究に関する演習、実験、実習を充実させ実践力ある心理支援専門職を養成します。

渡邉 由己 教授

臨床心理学、教育心理学、コミュニティ心理学 渡邉 由己 教授
プロフィール/公認心理師、臨床心理士。専門は臨床心理学、コミュニティ心理学であり、病院や施設において主に高齢者への心理支援、大学学生相談室での心理支援、大学に設置された外来心理相談室での心理支援の経験を持つ。

特色ある授業

人間共生マインド実践講座

特色ある授業

人間の多様性・多元性を理解・尊重し、人間の「共生」実現において生じる様々な課題について考察を深めていきます。
「人間共生マインド実践講座」は1年次通年の必修科目です。人間科学部の基本テーマである人間の「共生」について、人間の多様性・多元性の観点から学び考察を深めていきます。この授業では例えば障がい者や高齢者、子どもやメンタル不調にある人々など、社会的な“マイノリティ”や“弱者”と呼ばれる状態にある人々の他、文化や宗教の多様性についても扱っていきます。しかしながら、これらの各領域の高度に専門的な知識を教授し学んでもらうことを目的とするのではなく、学生各自がこれまでの生活においてどのようなイメージや認識を持ってきたのか、そこには立場の異なる人々が共に生きる上でいかなるメリットやデメリットが含まれているのか、といったことを学科教員と共に考えていく授業を行っています。また、この授業では多様・多元な人々の「共生」を考えることにつながるボランティアを、短期間でもいいので行ってもらうことにしています。その体験を「共生」に関わる課題と関連づけて考察し、さらに後期には、同じく1年次通年の必修科目である基礎演習と連動させ、大学で学び始めた心理学の知識とも結びつけながら、より深い「共生」の理解へとつなげていきます。

特色ある活動
(地域貢献)

地域生涯学習活動の支援(2年次科目)

特色ある活動(地域貢献)

地域活動のコーディネーターを育成
本授業では「人生100年時代」の少子高齢社会において、長い人生をどのように豊かに過ごすか?をテーマとして、新たなライフスタイルを支援する人材の育成を目指しています。地域に暮らす児童・高齢者・障害者など多様な人々が充実した人生を送れるよう、生涯学習の側面から、どのような支援が行えるのかを考え、実際に、地域に出てニーズ調査を行います。

特色ある活動(地域貢献)

特色ある活動(地域貢献)

大学敷地内にある障害者支援施設でのニーズ調査
ニーズ調査の実践として、地域の障害者施設・高齢者施設などに出向き、現場の職員や当事者の話を伺います。上の写真は、大学敷地内にある生活介護支援カフェ・タイムでのヒヤリングの風景です。施設職員から、施設の概要、利用者の状況などの話を伺い、実際に利用者とともに過ごします。利用者の状況を把握し、学生ならではの発想で、「施設―利用者―地域」の交流が活性化する支援活動の企画書を作成します。作成した企画書は、3年次の「少子高齢社会の地域活動」という授業の中で共有し、実施に向けた取り組みを行います。

学びのポイント

01.人間の「共生」を心理学的に探求し、
課題発見と支援、解決の方法を学びます。

学びのポイント

子どもや高齢者、障がい者やメンタルヘルス不調者が生活の中で直面する心理的課題を理解し、その解決を支援することに役立つ知識と技法を修得します。また、メンタルヘルス維持・向上に役立つ知識と技法について、生涯学習の考え方も活用しながら学んでいきます。

02.公認心理師や認定心理士に関する科目を学び
心理支援のエキスパートを目指します。

学びのポイント

公認心理師に加え認定心理士、認定心理士[心理調査]に関する科目など充実したカリキュラム構成。基礎心理学を踏まえ科学的態度に立脚した心理支援の実践者を目指します。

03.充実した演習、実験・実習により心理支援の実践力を身につけます。

学びのポイント

公認心理師受験資格に関する科目に加え、心理検査や心理支援に関する演習、心理データ分析に関する演習、心理学の応用的な実験などの科目も用意。実践的な心理支援の諸技法と心理学的分析力を身につけることができます。

4年間の学び

生涯学習社会において、
人間の「共生」と「こころ」の関わりについて学び、
心理支援の知識の修得とその展開を目指します。

心理学科では「人間の多様性、多元性尊重に基づく共生の理解」、「人間の共生における心理学的課題の探求」、「心理支援専門職に必要な知識、技法、倫理観の習得」、「共生を志向した心理支援への生涯学習の活用」を段階的かつ有機的な関連性をもって学修可能なカリキュラムを構成しました。人間の共生を心理支援の立場から考え、生涯学習という学びの力も活用しながら人々の心の健康増進に貢献出来る人材を養成します。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

資格取得について

心理学の専門的な学びを深め、
さまざまな分野での活躍が期待されます。
心理職初の国家資格「公認心理師」資格取得への道も。

心理学科

※「実務経験」においては、省令で定める施設において、文部科学省・厚生労働省が認めるプログラムのもと、公認心理師法に基づく大学院と同等以上の専門的な知識および技能を修得することが必要です。

将来のステージについて

心理学の知識を活かし企業や公務員として活躍
  • ●大学院
  • ●製造・流通・サービス分野(人の消費や行動を分析し、企業活動に活用)
  • ●金融分野(行動科学的アプローチ)
  • ●NPO・NGO分野(心理学の知識を生かし地域や海外での支援活動)
  • ●公務員(生涯学習の知識を生かす社会教育士など)
  • ほか
大学院に進学して資格を取得し、対人支援や心理学の専門家として活躍
  • ●医療・教育・福祉分野(心理学の知識を生かした業務)
  • ●公務員(心理職・心理相談員・心理判定員など)
  • ●公認心理師
  • ●心理学の研究者
  • ほか

PROFESSOR’S VOICE

心理学科からのお知らせ