PAGE TOP

社会福祉学科 介護福祉専攻

介護福祉士としての人間観を養成し、
介護と社会福祉の知識と技術を修得。

新しい時代の介護福祉士が持つべき人間観に立脚し、介護を必要とする一人ひとりの尊厳を何よりも大切に、個々にかかえるさまざまな生活課題の解決に向けて、高い専門性を獲得します。また介護と社会福祉の知識・技術を持った専門職養成するため、多くの実践の場を経験することで、誰にとっても生きやすい社会の幸福を追求できる「福祉マインド」を育み、身につけます。

学びのポイント

01.介護福祉に携わるための確かな知識・技術を身につけます。

学びのポイント

介護とは、高齢者や障害のある方の生活全般に関わり、それに対する自立を支援することです。
少人数だからこそ可能な、専攻の教員によるきめ細かな指導で介護福祉に関わる基本的な知識と技術をしっかりと学ぶことが出来ます。

02.豊富な実践の場を通じ、介護サービスを提供する能力を養成。

学びのポイント

高齢者・障害者施設での実習を通し、介護を必要とする方の状況を多面的に見、学ぶことが出来ます。
その中で利用者の持つ自己資源(残存能力)を活かすすべや社会サービスを総合的・計画的に実践していく力を身につけます。

03.介護福祉士・社会福祉士のダブルの資格取得を目指せます。

学びのポイント

介護福祉の専門性とともに、相談援助や関係分野との連携、調整能力を必要とする社会福祉についても学んでいきます。
これらの知識と技術をもとに自立支援に役立つサービスを計画的かつ総合的に提供する能力を醸成します。

4年間の学び

国家資格のダブル取得をめざし、
介護福祉と社会福祉の分野で
活躍できる専門職を養成します。

1年次から介護福祉と社会福祉の専門科目を学び、さらに3年次までに合計15週間にわたる実習を配置し、介護福祉と社会福祉の実践力を養います。3・4年次には、それまで培った知識と技術の集大成として卒業研究に取り組み、高度な専門性を身につけた介護福祉士と社会福祉士を養成します。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

特色ある授業

医療的ケアⅠ・Ⅱ

特色ある授業

介護福祉士が生活支援に加えて医療的ケアに関わるための安全で実践的な知識と技術を修得する授業です。

介護福祉士が喀痰吸引、経管栄養という医療的ケアを、一定の要件のもとで行うことが可能となりました。それに伴い、介護福祉士が生活支援に加えて、生命・健康に直接関わる医療的ケアを安全に行うための知識、技術を学ぶ授業となっています。本授業はシミュレーターを使用しての演習授業のため、各々の学生が医療的ケアの手順や手法を練習できるよう、演習のための機械や時間の確保がなされています。また現場で活躍している医療職が授業のサポートをしているのも特徴です。学生たちは当初、医療領域になじみがないため(演習も福祉関係のため)専門用語や使用する器材にも戸惑いが見られますが、授業が進むにつれ、医療的ケアの目的や意義についても理解が深まり、ケアの手順もスムーズになっていきます。そして医療的ケアを受ける利用者の気持ちの理解とともに、支援の重要性に気づいていきます。本授業は医療と介護の連携のため今後ますます必要とされていきます。

特色ある授業

特色ある活動
(地域貢献)

卒業生による講演

特色ある活動(地域貢献)

介護現場での学び。卒業生から介護福祉士の心を学ぶ。

介護福祉専攻では、学生が自らの将来像を描き、卒業後の具体的な進路を考えるためのきっかけづくりを目的として様々な活動を企画・実施します。たとえば、介護現場を訪問し、スタッフや利用者の話を聞くこと(訪問先は介護実習で行くことがない、病院や有料老人ホームなど)。そして、介護施設、病院、海外への介護留学など介護分野の第一線で活躍する卒業生を招き、講演会を開催するなどです。また、介護技術勉強会などを通じ、在学生と卒業生が交流する機会を設ける中から福祉の現場で働く先輩方との繋がりも深まっています。特に身近な存在である卒業生からさまざまな分野の仕事内容や、やりがい、努力していることのほか、学生時代にすべきことや就職活動のポイントなどの話を聞くことで、卒業後の「自分像」がイメージしやすくなります。学生一人一人が今何にどう取り組めばいいかを考えることで、将来の目標ができた、学生生活のモチベーションが高まったなど、大きな刺激を受けているようです。

特色ある活動(地域貢献)

資格取得について

将来のステージについて

  • ●高齢者施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護医療院)
  • ●認知症対応型 共同生活介護(グループホーム)
  • ●小規模多機能居宅介護
  • ●有料老人ホーム
  • ●障害者施設
  • ●医療機関(リハビリテーション病院など)
  • ●在宅サービス(訪問介護、デイサービス、デイケア など)
  • ●地域包括支援センター
  • ●公務員(福祉職)
  • ●社会福祉協議会
  • ●福祉関連企業
  • ●一般企業
  • ほか

STUDENT’S VOICE

卒業生のいま

介護福祉専攻からのお知らせ

介護福祉専攻からのお知らせ一覧