PAGE TOP

子ども未来学科

すべての子どもの幸せのために、
特色ある保育者の養成をめざす

子どもの育ちを社会全体で支援していく必要性が高まり、「保育」が果たす役割が重要となってきている現在。求められるのは、変化する時代に対応し、子どもと家庭だけでなく、地域社会やほかの領域の専門家や行政と協力していく対人関係能力、幅広い教養と人間への深い探究心、実践を通じて他者との学びを共有しながら保育者として成長し続ける力です。子ども未来学科では多様化する保育ニーズに応えるため、特色ある保育者の養成を目的とした3年次より選べるコース選択制を導入しています。

学びのポイント

01.学生全員が保育士資格と幼稚園教諭一種免許取得を目指します。

学びのポイント

緊密な信頼関係を築きながら、幅広い人間性や他者とのコミュニケーション力を磨くために、アドバイザー制度を導入し、同じ資格を目指す「なかまとの学び」を重視して、必修科目や授業に、グループ演習やグループ研究をはじめ、体験型授業を多く取り入れています。

02.子どもと触れ合い保育の楽しさを学ぶ実践教育。

学びのポイント

本学併設の認定こども園での保育体験や、川崎フロンターレ託児室、けろけろ田園チャイルド、ニュージーランド海外研修など、1年生から子どもと触れ合える実践型教育を多数用意しています。保育の楽しさを体験しながら、保育者として必要な基礎知識を習得できます。

03.保育者としての専門性を高めるコース制。

学びのポイント

3年次に、子ども未来コース、子どもスポーツ健康コース、子どもアート表現コースのいずれかを選択し、4年制大学ならではの専門性を身につけた特色ある保育者を養成します。

4年間の学び

「循環する学びのプロセス」―保育者として、成長し続ける力を育てるために

子ども未来学科のカリキュラムは、知識や人間性を磨く「子どもへの学び」、保育者の専門性を実践から学ぶ「子どもからの学び」、そして、これらの学びを仲間とともに切磋琢磨しながら修得する「なかまとの学び」で成り立っています。この3つを関連づけ、積み重ねて、保育士と幼稚園教諭一種免許両方の資格取得をめざします。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

特色ある授業

保育マインド実践講座

特色ある授業

2年次の実習、専門的学びへ繋がる保育者としての第一歩楽しく子どもたちと触れ合い、「保育マインド」を養成。

保育者を志す初学者(1年生)を対象に、保育のこころ、すなわち「保育マインド」を実践的に学ぶ授業です。保育所等への見学や、1年生全員が参加できるように行われる「川崎フロンターレ託児室」での一時保育。麻生区内の子育て家庭への支援として図書館内のアクティブ・ラーニングスペースでの絵本の読み聞かせや遊び体験「けろけろ田園チャイルド」など地域貢献活動を実践的に学ぶことができる体験重視型授業です。グループごとに分かれ、学生同士で話し合い、当日に向けた準備を行います。実施後は、当日の体験や学びについて、授業内で振り返りを行い、今後の専門的な学びへ繋げていきます。子どもや家族との関わりを含めた基礎的な保育技術の修得を通して、2年次からの実習、専門的な保育の学びを前向きにとらえていきます。
●望月 隆之先生(障害者福祉・ソーシャルワーク) ●清水 道代先生(保育学・幼児教育学)

特色ある授業

特色ある活動
(地域貢献)

キッズアート田園

特色ある活動(地域貢献)

子どもたちに寄り添い、粘土を使って自由表現。

麻生区の子育て中の親子と学生とが一緒に土粘土を使った自由な表現活動を体験します。彫塑の授業で、塑造の素材となる土粘土を美術大学並みに大量にストックしてあり、粘土の硬さを調節できる土練機もあるため、ふんだんに土粘土を使って遊ぶことができます。参加者は粘土を足で踏んだり丸めたりしながら、体全体で粘土造形を楽しみました。ゼミでも主体性に任せる活動をしていますので、学生たちも本学における学びの延長として、子どもたちに寄り添い、一緒になって粘土をいじりました。こうした粘土を介した子どもとの交流を通して、学生たちは子どもから学び、造形活動の楽しさを知ります。前年度は2歳から5歳までの子どもを一緒にみたため、やりたいことや集中力に差が出ました。それを踏まえて次回からは年齢によって午前・午後の時間帯を分け、子どもの発達に即した造形活動を行いたいと話し合いました。

特色ある活動(地域貢献)

資格取得について

将来のステージについて

  • ●保育所(公立・民間)
  • ●幼稚園(公立・私立)
  • ●認定こども園
  • ●公務員(保育・福祉職)
  • ●児童福祉施設(乳児院、児童養護施設、障害児施設など)
  • ●児童厚生施設(児童館など)
  • ●子育て支援事業
  • ●子ども関連企業
  • ●子ども関連NPO法人
  • ほか

STUDENT’S VOICE

卒業生のいま

子ども未来学科からのお知らせ