PAGE TOP

心理福祉学科

心理・福祉の知識、技法を学び、
福祉や教育の専門職を目指す。

現代の福祉や教育現場で必要とされる人材、それは心理学的スキルと福祉の専門知識を兼ね備え、地域の福祉機関や関係者と連携できる専門職です。心理福祉学科では、カウンセリングスキルやアセスメントスキルを身につけた専門職を育成。また地域における支援体制を構築するための核となる心理学・社会福祉学を学び、専門性の高い社会福祉の実践家や教育者を育てています。

学びのポイント

01.心理・福祉・教育の各分野を柔軟に幅広く学べます。

学びのポイント

1年次は多様な分野について幅広く学び、2年生になる際に、①社会福祉や心理学について学ぶ「心理福祉コース」、②主に教育の専門職を目指す「特別支援教育コース」、の二つのコースからどちらかを選びます。
どちらのコースを選んでも、学際的な学びの中で、現場で求められる専門性を身につけることができます。

02.現場経験の豊富なスタッフと実習やボランティア体験を。

学びのポイント

心理・教育・福祉の各領域で活躍して来た経験豊富な専門スタッフが学生の指導にあたります。
ボランティア活動やソーシャルワーク実習、教育実習など学年ごとの実習を通し、各分野に必要な実践的スキルを身につけます。

03.カウンセリングやアセスメントのスキルを身につけられます。

学びのポイント

心理福祉学科の学生全員がカウンセリングやアセスメントに関する基本的理論や技法を学習します。
在学中にピアヘルパーの資格を取得することが可能です。
そのスキルは教育・福祉などの現場で必要な、人と関わるための基本的な力になります。

4年間の学び

心理学と社会福祉学の
知識を基盤として、特別支援教育や
社会福祉の現場で活躍できる人材を育てます。

カウンセリングの理論、心理学と社会福祉学におけるアセスメントの理論と技法等を学び、社会福祉と心理に関する知識と技能を身につけます。社会福祉と心理に関する専門性を基盤として、教諭免許(中学校、高等学校、特別支援学校)、社会福祉士受験資格、認定心理士資格等の取得が可能な教育課程を設定しています。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

特色ある授業

教育課程論

特色ある授業

少人数を生かした授業を通して、
教員としての資質や能力を身につけた学生を育てる。


教員を目指す学生(3年生)を対象に、学校教育全体を知ることができるのが「教育課程」の授業です。教育課程とは学校教育の目的や目標を達成するために、子どもたちの心身の発達段階に応じ、授業時数と関連を持たせ教育内容を総合的に組み入れた学校の教育計画のことを言います。授業では日本の教育課程の歴史、学習指導要領、特色ある教育活動、小・中一貫教育、法令、教科書、外国の教育課程など、さまざまな角度から教育課程について学修していきます。教職の授業の特色は一部講義形式もありますが、個人やグループでの学修が中心になります。課題やテーマを設定し、ICT機器や書籍類、資料などを有効に活用しながら、調べ学習や話し合いを行い、口頭や文書で発表をしています。また、プレゼンテーションや模擬授業なども行っています。授業は少人数で行っているので、学校現場に入って、即戦力となれるよう、学生一人ひとりの実践力を磨いています。もちろん、主体性や積極性、論理性、実行性、創造性なども確実に身につきます。

特色ある授業

特色ある活動
(地域貢献)

横浜市内児童相談所における子育て支援研修

特色ある活動(地域貢献)

講演後に参加者と事例検討を実施。

横浜市の児童相談所において、子育て支援研修を行いました。市内から、定員を上回る50人程の児童福祉司と児童心理司の方にご参加いただきました。
研修の前半は講義を行い、親御さんの子育ての負担を軽くする心理面接の方法や、子育てについての具体的なアドバイスの例を紹介しました。
研修の後半は幼児を持つ親御さんの相談支援について事例検討を行い、日々の業務の困りごとを共有しながら、面接や家庭訪問で配慮することを検討しました。また、保育所などの地域資源を活用することの重要性についても議論しました。

特色ある活動(地域貢献)

資格取得について

将来のステージについて

  • ●中学校・高等学校
  • ●特別支援学校
  • ●児童関連施設
  • ●大学院
  • ●公務員・公的機関
  • ●障害者施設
  • ●高齢者施設
  • ●一般企業
  • ほか

STUDENT’S VOICE

卒業生のいま

心理福祉学科からのお知らせ