PAGE TOP

心理福祉学科

福祉や教育の専門家を目指して、
心理・福祉・教育の知識・手法を学ぶ。

現代の福祉や教育現場で必要とされる人材、それは心理学的スキルと社会福祉の専門知識とを兼ね備え、地域の福祉機関や関係者と連携できる専門家です。心理福祉学科では、カウンセリングスキルやアセスメントスキルを身につけた専門家を育成。また地域における支援体制を構築するための核となる心理学・社会福祉学を学び、専門性の高い社会福祉の実践家や教育者を育てています。

学びのポイント

01.心理・福祉・教育の各分野を柔軟に幅広く学べます。

学びのポイント

社会福祉士の受験資格を取得可能なほか、心理・教育の分野を学びます。
希望者は、心理学分野では認定心理士の資格取得、教育分野では中学校・高等学校の教諭免許および特別支援学校の教諭免許を取得できます。

02.現場経験の豊富なスタッフと実習やボランティア体験を。

学びのポイント

心理・教育・福祉の各領域で活躍して来た経験豊富な専門スタッフが学生の指導にあたります。
ボランティア活動やソーシャルワーク実習、教育実習など学年ごとの実習を通し、各分野に必要な実践的スキルを身につけます。

03.カウンセリングやアセスメントのスキルを身につけられます。

学びのポイント

心理福祉学科の学生全員がカウンセリングやアセスメントに関する基本的理論や技法を学習します。
在学中にピアヘルパーの資格を取得をすることが可能です。
そのスキルは教育・福祉などの現場で必要な、人と関わるための基本的な力になります。

4年間の学び

心理学と社会福祉学の
知識を基盤として、特別支援教育や
社会福祉の現場で活躍できる人材を育てます。

カウンセリングの理論、心理学と社会福祉学におけるアセスメントの理論と技法等を学び、社会福祉と心理に関する知識と技能を身につけます。社会福祉と心理に関する専門性を基盤として、教諭免許(中学校、高等学校、特別支援学校)、社会福祉士資格、認定心理士資格等の取得が可能な教育課程を設定しています。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

4年間の学び

特色ある授業

教育方法と技術

特色ある授業

学生の個性に合わせて柔軟に作られていく授業
ICT機器を駆使した体験的な学修を実現。


主に教職に就くことを目指す学生を対象に、「授業」や教育方法について学ぶ授業。どのようにして授業が作られているのか、教授法の歴史と理論を理解し、ICT(情報コミュニケーション技術)を活用して、効果的に教育実践できるように、体験的な学修を行なっています。比較的新しくできたICT教室を使用し、壁全体がホワイトボードとなっている「ラーニングコモンズ」型の学習スペースで学ぶことができます。投影機によるスライドを用いたり、モニター型の電子黒板や最新式の拡大機などを活用しながら、学生同士が自ら主体的に、楽しく学べる授業を行なっています。オムニバスで2名の教員が協力しながら、少人数の学生を見ているため、細かな指導が可能です。課題を自ら調べ、学習し、「授業を作る」ことの楽しさを体験。集中と緩和のメリハリもあり、学ぶことの本質がどこにあるのかを肌で感じながら徐々に自分が授業する立場になっていく醍醐味があります。

特色ある授業

特色ある活動
(地域貢献)

川崎市男女共同参画センター協働事業としての調査研究

特色ある活動(地域貢献)

学生自らが積極的にフィールドワークを実施。

川崎市男女共同参画センターが公募する協働事業に採択されて、調査研究を行いました。テーマは「市内特例子会社の就労支援から学ぶ男女共同参画の実践」。先行研究のライブラリー・リサーチをもとに、特例子会社フィールドワーク(視察と取材)を実施。学びの内容に興味を持つ学生有志が教授のもとに集まり一緒に研究計画を練りました。行政や学外団体との協働事業の研究結果は調査報告書としてまとめられ川崎市に提出されました。学生たちは初めこそ戸惑いがありましたが、慣れるに従って積極的にフィールドワークを行いました。取材先の社長や人事部長といった管理職トップの方に取材したり質問したりした経験がのちの就活に役立ったと好評でした。地元に根ざす大学らしい地域貢献として、今後も続けていく予定です。

特色ある活動(地域貢献)

資格取得について

将来のステージについて

  • ●中学校・高等学校
  • ●特別支援学校
  • ●児童関連施設
  • ●大学院進学
  • ●公務員・公的機関
  • ●障害者施設
  • ●高齢者施設
  • ●一般企業
  • ほか

STUDENT’S VOICE

卒業生のいま

心理福祉学科からのお知らせ