PAGE TOP

公開講座

令和元年度 第46回公開講座が開催されました。

令和元年11月30日(土)10 時から12時にかけて、本学なでしこホールにて地域住民や本学の学生も対象にした「令和元年度 第46回公開講座」が開催されました。参加者は地域住民の方16名、本学学生 25名の計41名。
今回は、『地域で守り育むメンタルヘルス」-予防とケアに役立つ心理学-』という演題のもと、講師に本学 渡邉 由己教授を迎えて行われました。
参加された方からは、
・「見方・考え方を変えることで大きく変化していくこと」がとても参考になった、
・地域でこのような講座を聴けることは、とても嬉しく有難い、
・レジリエンスのことをもっと知りたいと思った、家族やサークル仲間との接し方・見方が学習でき、今後に繋げたい、
・具体例があり分かりやすかった、日々、自分ができるメンタルヘルスについて考える機会になった、
・こういったメンタルヘルスが周知され皆が考えるようになれば、社会での孤立等改善されていくという事を家族単位だけでなく考えたい、
・心理テストが面白かった(傾向が分かり、自分を客観視できた。今の自分も認めこれからの人生を乗り越えたい)、
・地域の方への本講座の伝え方にも興味があり参加したがテスト実施の際や話し方にも工夫が感じられ講座内容以外にも学ぶことが多かった、
といった声が寄せられ、好評のうちに無事終了しました。

以上