PAGE TOP

心理学科

人間の「共生」と、人の「こころ」の関わりについて
学びを深めながら心理支援の知識と方法、および
生涯学習の心理支援への活用を修得していきます。

心理学科では「人間の多様姓、多元性尊重に基づく共生の理解」、「人間の共生における心理学的課題の探求」、「心理支援専門職に必要な知識、技法、倫理観の習得」、「共生を志向した心理支援への生涯学習の活用」を段階的かつ有機的な関連性をもって学修可能なカリキュラムを構成しました。人間の共生を心理支援の立場から考え、生涯学習という学びの力も活用しながら人々の心の健康増進に貢献出来る人材を養成します。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

1年次

学びの基礎力を養い、
共生と心理学とを関連づける
基盤を作る。

主な科目

基礎演習/人間共生マインド実践講座/心理学概論/発達心理学Ⅰ・Ⅱ/心理的アセスメント/心理学的支援法/生涯学習概論Ⅰ・Ⅱ

2年次

演習、実験、実習を通して学びを深め
技法を修得する。

主な科目

心理学実験/心理学研究法/心理的アセスメント演習/心理学的支援法演習/心理演習Ⅰ/心理実習Ⅰ/社会教育演習Ⅰ・Ⅱ

3年次

専門性を深め
自らの問題意識を
具体化する。

主な科目

福祉心理学/コミュニティ心理学/専門演習Ⅰ/心理演習Ⅱ・Ⅲ/心理実習Ⅱ/地域づくり研究

2年次・3年次
実習 2年次 3年次
心理実習Ⅰ・Ⅱ(80時間)

4年次

人間の共生を尊重する
心理支援者としての
専門性を獲得。

主な科目

専門演習Ⅱ/卒業研究/海外研修/外書講読/公認心理師の職責

オススメする3つの履修モデル

①公認心理師資格の取得を目指して学部で必要な科目を履修し、卒業後に公認心理師養成カリキュラムのある大学院(田園調布学園大学大学院人間学研究科心理学専攻など)や養成プログラムのある病院・機関へ就職するタイプ

②認定心理士を取得し、心理学の知識と技術を備えた者として施設、病院、団体、企業等で心理支援関連業務にたずさわるタイプ

③人々のメンタルヘルス維持・促進に生涯学習を活用できるよう、心理学の基礎的な知識と技術に加え社会教育主事の取得も視野に入れたタイプ