PAGE TOP

心理福祉学科

STUDENT’S VOICE

越沼 実来さん(神奈川県立生田東高等学校出身)
人間福祉学部 心理福祉学科 2年

越沼 実来

授業やボランティア活動を通して円滑なコミュニケーションを学んでいる。

中学の頃から心理学や福祉に興味があり、オープンキャンパスに参加して私の心は決まりました。福祉系の体験授業も実践的で、また、心理学の世界は自分が思っていた以上におもしろいと気づきました。また健常者と障害者の違いは「眼鏡をかけている・かけていない」くらいの違いしかないという言葉に、「ああ、なるほど」と感激しました。将来は具体的に決めてはいませんが、地域包括支援センターなどで地域の福祉に関われたら、と考えています。

津野 杏奈さん(川崎市立川崎高等学校出身)
人間福祉学部 心理福祉学科 4年

津野 杏奈

子どもの頃、ヘルパーをしていた祖母に連れられ介護の現場に通ったのが原点。

高校で福祉を学んでいたので、大学でもそれを深めたいと思いました。DCUは福祉系の大学の中でも、現場にいらした先生方が多いと聞き、座学だけでなく実践も含めて確かな学びが実現すると考えました。もともと心理学に興味があったのに加えて、教員免許も取得できるのが心理福祉学科の魅力です。心理福祉学科は人と人との関わりが強く、学生として先生や大学にサポートされ、実習に出てサポートすることも学び、双方の立場と気持ちが理解できるため、豊かな福祉を実現できるのだと思います。