PAGE TOP

社会福祉学科 社会福祉専攻

独自のカリキュラムを配置し
得意分野を持った
福祉の専門職を養成します。

1・2年次には、総合教育科目で豊かな人間性を育み、さらに地域貢献活動などの実践的教育で福祉マインドを育成します。2・3年次には相談援助を行う専門的な知識と技術を身につけ、知識と技術の融合をはかるためにソーシャルワーク実習を配置。さらに3年次以降は3つのコースから選べるゼミナールで、より高度な専門性を身につけた社会福祉士、精神保健福祉士を養成します。

4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び 4年間の学び

1年次

社会福祉に必要な基礎教養科目を学ぶ。
人間理解に必要な教養と福祉マインドを身につけます。

主な科目

心理学/倫理学/法学/障害者福祉論/児童・家庭福祉論/福祉マインド実践講座

授業ピックアップ
●児童・家庭福祉論

現代社会は、少子化や児童虐待、いじめ、不登校、引きこもり、非行、子どもの貧困など多くの課題を抱え、その解決を求められています。この科目は、子どもの発達を保障する法律や制度および具体的なサービス体系の現状を理解し、具体的事例を取り扱うことでそれらの問題の解決方法について、理解を深めます。

授業ピックアップ

2年次

社会福祉の基礎スキルを学ぶ。
さまざまな福祉制度や相談援助に必要な知識と技術を身につけます。

主な科目

社会保障論Ⅰ・Ⅱ/地域福祉論Ⅰ・Ⅱ/精神保健福祉の原理Ⅰ・Ⅱ/ソーシャルワーク演習/ソーシャルワーク実習指導Ⅰ

授業ピックアップ
●高齢者福祉論詳説

我が国では、世界でも稀に見る速さで人口の高齢化が進み、家族による介護の問題、介護者の離職、さらに身寄りのない高齢者の孤立死など、さまざまな社会問題が生じています。授業では、高齢者に関わる社会問題を解決するための政策・制度を学びます。さらに、日々の社会福祉専門職による実践を把握し、未だ解決できない課題に対して何が必要か自身で考える力を養うことを目標としています。

授業ピックアップ

3年次

社会福祉の専門スキルを学ぶ。
実習を通じて興味を持った分野の学びを深め、実践力を身につけます。

主な科目

権利擁護を支える法制度/ソーシャルワークの基盤と専門職/福祉サービスの組織と経営/保健医療と福祉/ソーシャルワーク実習/ゼミナールⅠ

3つのコースから選べるゼミナール

児童・障害者・高齢者支援コース

社会福祉士として、児童、障害者から高齢者まで、人の一生に寄り添い、支援をしたいという志望者に向けたコースです。人の幸せを支えることができるだけの高い専門性を身につけて、卒業後は、児童福祉施設、障害者福祉施設、高齢者福祉施設、福祉関連企業、公的機関、学校などで働くことを目指します。

公務員・福祉マネジメントコース

福祉行政(公務員)や地域社会での福祉マネジメントに携わりたい、福祉関係の起業・運営をしたい、一般企業も含めたさまざまな福祉関連業務に従事したいという志望者に向けたコースです。卒業後は、国および地方の福祉行政や社会福祉協議会での地域福祉の推進に携わることを目指します。また、社会福祉法人やNPO法人の起業・運営、企業の福祉部門における活躍も見込まれます。

医療・精神保健福祉コース

社会福祉士資格をベースに、病院等で働く医療ソーシャルワーカーや精神保健福祉分野のソーシャルワーカーをはじめ、「医療に強いソーシャルワーカー」を育成するコースです。社会福祉と保健医療との関わりについての学びを深め実践力を身につけ、卒業後は、精神保健福祉士として、または医療ソーシャルワーカーとして、一般病院、精神科病院、リハビリテーション機関、精神保健福祉関係機関で働くことができます。

4年次

社会福祉の高度な専門性を身につける。
今まで習得した知識や実践技術を総括し、論文作成や就職、国家試験へとつなげます。

主な科目

卒業研究/ゼミナールⅡ/スクールソーシャルワーク実習/医療ソーシャルワーク実習

実習 社会福祉士
2年次 3年次 4年次
3年次の配属実習の準備 ソーシャルワーク実習
32日間(240時間)
実習後のまとめ
精神保健福祉士
2年次 3年次 4年次
3年次の配属実習の準備
精神保健福祉援助実習
12日間(90時間)
実習後のまとめ