PAGE TOP

共生社会学科
※2023年4月心理福祉学科から共生社会学科に名称変更

藤原 亮一 教授

自分をよりよく知ろう。人間と社会についての理解を深めよう。援助の知識や技術を学ぶことは大切である。しかし、実践の能力が伴わなければ意味がない。この能力の基本はコミュニケーション力にある。より良いコミュニケーションには自分を含めた人間の理解が必要である。一緒に楽しく人間への理解を深めよう。

主な担当科目

・社会学
・ソーシャルワーク演習社会調査専門演習(自己論)
・ソーシャルワーク実習指導I人間学研究法(大学院科目)

研究テーマ

現代社会論、社会科学方法論、GT理論、援助職の自己論

著書・論文

「日越教育交流事始め」田園調布学園大学紀要 第6号 2011「続・日越教育交流事始め」田園調布学園大学紀要 第7号 2012「無縁社会と社会関係」今泉礼右編『グローカル時代の社会学』所収 みらい2014「対人援助職の自己について」 2014北海道地域福祉学会研究大会  北星学園 2014.11.8.

学位・資格・職歴

PhD、University of Pittsburgh (USA)

社会活動

北海道地域福祉学会、北海道社会学会、日本社会学会、アメリカ社会学会慶應義塾福澤研究センター 客員所員